壇蜜がNHK紅白歌合戦で特技の日本舞踊を初披露!腕前は師範!

13122702-01
出典:日刊ゲンダイ

今年に入って大ブレーク中の壇蜜が年末も仕事納めも話題独り占めで終わりそうです。
プロフィールにもある特技の日本舞踊を年末のNHK紅白歌合戦でテレビ初披露するとのことです。
腕前は14歳から習い始め、舞踊歴は19年で昨年4月には日本舞踊師範の資格を取得しているらしいです。
ちなみに流派は「半沢直樹」で共演した片岡愛之助が坂東流と暴露しちゃったようですね!
詳細については以下です。

【以下引用】

この一年、大忙しだった壇蜜(33)にとってビッグな“仕事納め”になりそうだ。NHK紅白歌合戦への初出場が決定。ゲスト企画枠で特技の日本舞踊をテレビで初披露するというのである。

ある紅白歌手のステージで踊るというが、気になるのはその腕前だ。14歳から習い始め、舞踊歴は19年。昨年4月には日本舞踊師範の資格を取得してい る。壇蜜本人は流派を公表していないが、「半沢直樹」で共演した片岡愛之助が関西ローカルの番組で“暴露”。「坂東三津五郎兄さんがお家元の坂東流の名取 らしい」と話したおかげで明らかになってしまった。

■川口流宗家も太鼓判

坂東流といえば、日本舞踊5大流派のひとつ。江戸時代後期から続く名門である。日本舞踊・川口流宗家の川口小枝さんはこう話す。

「19年という稽古歴、しかも歌舞伎舞踊の本流で師範となれば、申し分ない経験の持ち主でしょう」

川口さんの父は舞台演出家・映画監督だった武智鉄二、母は地唄舞の名手として川口流を創設した川口秀子さん。その血を引く芸事のサラブレッドも一目置くとなれば、舞踊家としても立派なものである。

「実 際に壇蜜さんの踊りを拝見したことはありませんが、日頃の活躍ぶりから自分の中にきちんと芯があり、多彩な表現ができる方とお察しします。踊りというのは 自ら感動したものを咀嚼(そしゃく)して表現する手段。見る人を魅了するには3分もあれば十分で、今回の舞台は時間的にも適している。ジャンルは演歌に限 らず、ポップスやロックでも大歓迎。私の母もマイケル・ジャクソンの『スリラー』に合わせて踊りを披露したことがあります。全国放送の紅白という舞台で日 本舞踊が多くの人びとの目に触れるのはとてもうれしいこと。彼女の持ち味である艶やかな個性を存分に発揮して欲しいですね」(川口小枝さん)
【引用元:日刊ゲンダイ

これについてネットでは、

壇蜜って日本舞踊やってたのか』
『紅白の中で壇蜜さんの日本舞踊やるの?! なじぇ〜w』
壇蜜紅白で日本舞踊踊るのか すげえな壇蜜
壇蜜さんがすごいよなあ。この人はどこまでいくんだ。』
『えっ、壇蜜って日本舞踊の師範なんだね』
『壇密ちゃんのところだけ見よ。

このようなコメントがありました。

意外と壇蜜が日本舞踊の師範であることを知らない人が多いようですね
それもそのはず、普段はお色気なことしか話題になっていなかったですからね!
でも、14歳から日本舞踊を習い始め、今でも芸を磨いているということは、結構いいところのお嬢様なのでしょうか?謎ですね!
私も、紅白はいつもあまり見ないですが、今年の年末の紅白歌合戦は壇蜜のところだけ見てみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました