高良健吾が主演男優賞を獲得!熱愛の彼女は野崎萌香か?山本美月か?

14012301-01
出典:デイリースポーツ

現在、俳優として主に映画を中心に大活躍している高良健吾が「第56回ブルーリボン賞」にて、デビュー10年目で初の主演男優賞を獲得したそうです。
高良健吾といえば、2008年に公開された「蛇にピアス」という映画で顔のいたるところにピアスをしている青年の役で一躍有名になりました。
それから、数多くの映画に出演するという今や実力派若手俳優といわれています。
その高良健吾が今回主演した「横道世之介」という映画で主演男優賞を受賞したので、今後はより一層飛躍しそうですね
詳細については以下より、

【以下引用】

東京映画記者会(デイリースポーツなど在京7紙で構成)が制定 する「第56回ブルーリボン賞」が22日、決定した。俳優・高良健吾(26)が主演した「横道世之介」(沖田修一監督)が作品賞、主演男優賞の2冠を獲 得。「くちづけ」で初主演を務めた女優・貫地谷しほり(28)が主演女優賞を受賞した。授賞式は2月11日、東京・内幸町のイイノホールで開催される。

「なんだか恥ずかしくて堂々といられない気持ちだけど、『横道世之介』が大好きだし、作品賞と一緒に取れたっていうのはうれしいです」。高良は、はにかんだ笑顔で作品への強い愛情を語った。

長崎の港町で育った世之介は大学進学のため上京し、天真らんまんなふるまいで出会う人々の心に温かな記憶を残していく。存在感のある役柄に挑んだ心境を 「狙ってやることはできない。観客を無視するような、目の前の人(相手役)だけに伝わればという気持ちでやった」と振り返り「だからこそ自信がないんで す。ふわふわ不確かで」と照れた。

自身も世之介のように、高校時代に熊本から役者を志し上京。車窓から見た景色は今でもはっきり覚えている。今年でデビュー10年目。「びっくりしているのは、もしかして役者を辞めていると思っていたから。向いてないと思ってた」。

デビュー当時と同じように、今も不安で手が震えることもあるという。しかし、「緊張や不安のおかげで『考える』ことができる。10年やらないと気づかな かった」と前向きにとらえる。「ど真ん中にいる人のたたずまいは『プロ』だからそれはかっこいいけど、自分は自信がそんなにない。だけど『心は画面に映る はず』って信じてて。お客さんの『考える力』を見下さず、ちゃんと現場に、相手に向き合ってやれたらいいと思う」。

出会った人の心に前向きな足跡を残す世之介から得たのは「自分らしく、周囲に接すること」の大切さ。「毎日が素人な感じで芝居をしていたい。そのために、日々をちゃんと生きられたら」。まっすぐに言葉を紡ぐ高良の顔に、朗らかな笑みが広がった。
【引用元:デイリースポーツ

高良健吾についてネットでは、

『高良健吾さんが主演男優賞を受賞しました! こうこなくちゃ!やったー!!!』
高良健吾さんが主演男優賞を受賞はファンとしてすごい!うれしい!おめでとうございます(^O^)』
『好きな俳優が受賞するのはやっぱりうれしい。』
『ブルーリボン賞は高良健吾くんかぁ!横道世之介よかったもんなぁ(о´∀`о)おめでとう!』

このようなコメントがありました。

ファンの方は今回の受賞について当然喜びや祝福をしていますが、なんとファンでは無い人も高良健吾の演技について評価しており、祝福をしているコメントが多かったです。
ドラマなどより実力差がでてしまう映画を主体に活動されている俳優の中でも、実力派として注目されているだけのことはありますね!
ところで、現在の熱愛している彼女などプライベートやプロフィールについて気になったので調べて見ました。
まずプロフィール、
生年月日 1987年11月12日
年齢 26歳(2013年現在)
出身 熊本県熊本市
血液型 O型
身長 176cm
体重 非公開
出身高校 私立九州学院高等学校

今回の映画「横道世之介」の世之介と同様の九州男児だったんですね。
また、熱愛中の彼女については、以前にフライデーされて少し話題になっていたようです。
噂では、モデルの野崎萌香と熱愛中とスキャンダルされています。
14012301-02

2012年の7月のことなので、現在はどうなのでしょう??交際は継続しているのでしょうか?
気になったので調べて見ると、どうも山本美月と手を繋いで歩いていたと、一般人からの投稿があり発覚したようです。
本当かどうかは、これも定かではないのですが、かなりのモテ男ということは間違いないですね!
あれだけの容姿であればモテまくっていても不思議ではありません。
今後も色々な意味で注目したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました