シミの原因は日焼け以外にもある!原因別にシミ対処法を紹介

14032803-01

シミの原因は日焼けだけではないとご存知でしたか?
多くの女子はシミの原因は日焼けだけと思っている方が多くいます。

確かに紫外線が原因でのシミにができる場合は多いですね。

しかしシミには内面的な原因で増えるのものもあるので、それぞれの原因にあったケア方法が必要なのです。
今回は、シミの原因別に、適切な対処法を紹介します。

【以下引用】

1.紫外線によるシミ

これはみなさんもご存じのとおりの、日焼け(紫外線)が原因で起こるシミ です。紫外線に当たると私たちの肌は、メラニン色素を作って紫外線を防御しようとします。このメラニン色素がシミの正体。通常、肌が入れ替わるターンオー バー(28日間)が行われれば肌の色はもとに戻るのですが、それが乱れてうまくいかないとメラニン色素が色素沈着を起こし、これがシミになります。
ケ ア方法は簡単です。日焼けしない事。日焼けしなければメラニンは作られませんから。美白化粧品は色々でておりますが、即効性のあるものなどありません。一 番シミのない綺麗な肌になるには、日焼けしない事なのです。つまり、日焼け止め、特にUVA(紫外線A)を防止する事。日焼け止めを購入するときはUVA 防御指数を表す、PA値の高いもの(最高値 PA++++)を選んでください。そして一度塗ったから大丈夫と安心せずに、外出している間はコマメに塗り直す(PA++++でも2時間置き)ことがポイ ントです。

2.ストレスによるシミ

ストレスで肌荒れすることをご存知の方は多いと思いますが、ストレスで シミが出来ることをご存知の人はまだ少ないのではないでしょうか?実はストレスで肝機能が弱まったり、ホルモンの分泌が少なくなると、頬骨から頬の中心あ たり、額全般にシミが出来やすくなります。そんなときはまずはストレスを解消することが重要。抗ストレス作用のあるビタミンCを含む食材(ブロッコリー・ キウイ・トマト等)を積極的に摂るようにしましょう。

3.内臓トラブルによるシミ

眉間のあたりや頬の外側にできるシミは肝機能が弱っているときに出やすい場所です。そのような場合は肝臓を強くすることが大切。
肝臓を強化する成分タウリンを含む食材(ホタテ・イカ・タコ等)がおすすめです。内臓のトラブルは体調にも影響を及ぼすので一時的な不調でない場合は病院へ。

4.女性ホルモンの乱れによるシミ

女性ホルモンの働きが衰えると、眉の上や目の下にシミが目立ち始めます。目の周りが黒ずむ場合は、子宮系の機能が弱くなっていることも。
女性ホルモンに似た働きを持つ成分のイソフラボン(納豆・豆腐・豆乳等)を日ごろから摂るようにしましょう。

5.自律神経の乱れによるシミ

口の周りのシミは、自律神経が乱れて出来ることが多いです。ま た、腰には自律神経が沢山存在するため、腰痛のかたはストレッチやマッサージをして腰のコリをほぐすことも効果的です。心身をリラックスさせると共に、ビ タミンB12を含むあさりやシジミ、サンマなどは乱れたバイオリズムを回復させる働きがあるためおすすめです。
【引用元:Yahoo!BEAUTY

シミについてネットでは、

『ホルモンの乱れやストレスでシミができるとは知らなかった』

『シミには肌の美白成分として知られるビタミンCは食品やサプリメントを摂取すると良いらしい』

『日焼けはシミだけじゃなく肌のハリをなくしてシワの原因にもなるよ』

『若気の至りはやめておこうってことね』

『ストレスが原因シミにはビタミンCが効果的だよ!』

『ビタミンCがたっぷり入った飴でもOKなのかな?』

『洗顔の際に肌に皮脂が残ると酸化物質に変わってシミやシワの原因になるぜい』

『ホルモンの乱れが原因シミに効果があるのが大豆製品やナッツ類です。』

このようなコメントがありました。

ストレスでシミができてしまったという女子の方も多いようですね!

あとホルモンバランスが乱れてシミが大きくなったという女子もいます。

いくらコンシーラーでシミは隠せるといってもスッピンは見せることができなくなってしまうので、キレイな美肌でいたいです。

まずは、シミを作らないように紫外線防止は当然として食生活を整える必要がありますね!

そろそろ紫外線が強くなる季節に突入します。

ばっちりUVカットをして毎日ビタミンCと大豆系の食べ物をとりシミを作らないようにしましょう。

目指せシミなし色白美肌!

コメント

タイトルとURLをコピーしました