ほうれい線の改善・解消テクニック3つ!口周りの小ジワにも効果あり

14030802-01

老け顔の原因ともされる“ほうれい線”ですが、最近では20代前半でもほうれい線に女子が急増中らしいです。

始めは薄かったほうれい線が、放っておくとドンドン深くなり、顔にハリやツヤがなくなり、ドンドン老け顔になっていくという、恐ろしい事態に……。

なんとか改善・撃退したいものですね。

そこで今回は、日頃のスキンケアでほうれい線を解消する方法をご紹介します。

【以下引用】

1:まずは保湿。乾くヒマを与えない!

湿度が低くなる冬場は、とくに乾燥に注意する必要があります。そんな季節はできるだけ部屋の水分を増やす工夫をしましょう。

たとえば、加湿器をつける、軽く絞ったぬれタオルを部屋に干すなども、ほうれい線の予防になります。外出するときや寒い場所に長くいるときは、マスクをするのも効果的です。

2:顔のマッサージでリフトアップ!

洗顔やスキンケアをするとき、顔をゴシゴシこすっていませんか? 手の動きを、下から上に意識するだけで肌への負担は軽減されます。

また、顔の毛穴は基本的には下向きなので、下から上につけるだけで肌への浸透度が変わってきます。洗顔も同様で、たっぷりの泡を作って転がすように洗うといいですよ。

3:熱すぎのお湯もNG

寒くなると、あったかいお風呂が恋しくなりますよね。けれど、熱すぎるお湯は皮膚の乾燥を招く原因になりますので、寒くても洗顔するときはお湯の温度に十分注意しましょう。

人肌程度の少しぬるいと感じるくらいの38℃前後のお湯がおすすめです。

以上、日頃のスキンケアでほうれい線を解消する方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

毎日のスキンケアでできるので、誰でも簡単にできます。毎日繰り返すスキンケア製品は、おしみなくたっぷりの量を注ぎ込み、肌にしっかり潤いを定着させましょう!
【引用元:Yahoo!BEAUTY

ほうれい線についてネットでは、

『乾燥してやばい!ほうれい線・・・』

『遅く起きるのに腹が立つんだけど睡眠不足だと隈とか、ほうれい線出たりするからね』

『毎日笑いすぎて顔痛くて、ほうれい線濃くなったった、、』

『頬を引き締めないと!!ほうれい線、タルミに(^O^)/』

『つけまをすると将来早くにほうれい線がでるそうですひぃぎゃあああああ何と恐ろしい!!!』

『つけまつ毛ってほうれい線が深くなる原因になるらしい・・・』

『笑うとほうれい線が強調されちゃう!だから笑顔はめっちゃ気を使ってる今日この頃』

『だって ほうれい線が .. あ 、もう 年ですか ?』

このようなコメントがありました。

本当に20代前半の女子も、ほうれい線に悩んでいるようですね!

ほうれい線が気になり笑えないというコメントがあるぐらい気にしている女子も多いようです。

若いうちから肌のお手入れをしていないと30代を超えると、もっとほうれい線の掘りが深くなります。

私も、乾燥する時期はほうれい線が気になってしまいます。

日々のスキンケアの時に保湿と同時にリフトアップマッサージもするようにクセ付けが必要ですね!

若い20代前半からほうれい線を意識してケアすることで、30代越えると違いが段違いにでてくるので、皆さんも頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました