メイク崩れさせないための裏技!キレイな美肌や化粧の魅せテク4つ

14021402-01

朝の外出前に丁寧にアイラインを引いてバッチリ目力にしても、日中にメイクが崩れてしまったら苦労も台無しですよね。

メイクが崩れてしまい悲しい気持ちになってしまったことはありませんか?

今回はメイク崩れに悩む方に朗報の簡単裏技なメイク崩れを防ぐちょっとしたポイントをご紹介します。

【以下引用】

1:洗顔後は化粧水で即座に保湿を

時々「メイク前は保湿しない方がファンデーションがヨレなくて良いのでは?」という声を聞きますが、これは大きな勘違い。パサついた肌ではベースメイクはなじまない上に肌が必要とする油分が足りていないと、反対に必要以上の皮脂が分泌してドロドロになってしまいます。

時間がない朝に急ぐ気持ちも分かりますが、洗顔や拭き取り化粧水の直後、肌を目覚めさせる意味でも化粧水でたっぷり保湿を。とはいえどもやり過ぎは厳禁。過剰なスキンケアが仇となりベースメイクがヨレてしまうのを防ぐためにも「リッチな」ケアは夜にするのがベター。

2:先に浮いている皮脂をティッシュでオフ

皮脂によるメイク崩れを防ぐためにファンデーション を塗る前は「拡大鏡」などを使い、肌の表面に皮脂汗が浮いていないかチェックしましょう。浮いている皮脂に対して先手を打ってオフすることで皮脂が原因と なる日中のメイク崩れを緩和することが出来ます。指で肌の感触を感じるためにも2枚組になっているティッシュを1枚にはがして使うのが皮脂を綺麗かつ素早 くオフするポイント。

3:スポンジは以前のファンデーションがついていないものを

昨日、一昨日、そのまた前。以前塗 る際についたファンデーションがついたままのスポンジを使っていませんか? 実はコレもヨレる原因! 以前のファンデーションが残っているスポンジにどん どんファンデーションを上乗せしてゆくことで、清潔でないばかりでなく、スポンジと肌の密着度が下がってしまい、ヨレやすい塗り方になってしまうというリ スクが。スポンジは以前のファンデーションがついていないきれいな状態のものを使うことがマストです。

4:ベースメイクの最後になじませる

ベースメイクの仕上げにファンデーションと肌を密着させる ためにもう一度スポンジで押さえるのがベースメイク崩れを防ぐにあたって大切なポイント。そうすることで余分につきすぎたファンデーションを調整したり、 密着度が高まったりと、日中のベースメイク崩れ防止に一役も二役も買ってくれます。もちろんこの際も何もついていないきれいなスポンジを使うことをお忘れ なく。

忙しい朝、メイクにかける時間がなければないほど、ついついベースメイクをおざなりにしてしまいがちですが、お昼過ぎの自分の肌にショックを受けないためにも一手間をサボらないようにしたいものですね。
【引用元:Yahoo!BEAUTY

これについてネットでは、

『女性がメイク崩れ ・化粧が浮いていたら引いてしまう』
『顔のうぶ毛をなくすとメイク崩れしにくくなるらしいよ』
『今日はこんなメイク崩れ酷かったとは…手抜きしてメイクしたまま翌日まで持ってったらダメね…最悪』
『10時10分のメイク崩れ甚だしい!メイク崩れが早すぎー』
『午前中なのにすでにメイク崩れまくってるwwwwww』
『スキンケアで肌の土台をきちんと整備しておけば、メイク崩れしにくくなるって!』
メイク崩れすぎて目の周り黒いw』
『男性が女性の顔や肌で気になることの2位にメイク崩れが入ってた!!!』
メイク崩れすぎて目の周り黒いw』

このようなコメントがありました。

なんと早い方では、午前中にすでにメイクが崩れてしまっているという女子も多いようです。

こうなると午後からの時間が全て憂鬱になってしまいますよね!

定期的に顔のウブ毛処理をするだけで化粧ノリが良くなりメイク崩れもしにくくなります。

午前中にメイクが崩れてしまう方には、定期的なウブ毛処理とティッシュオフでの油取りを実践してほしいですね!

ずいぶん違いが分かりますよ

でも、私も今回目からウロコだったのがスポンジを常にキレイな状態のものを使うことです。

今まで何気にファンデーションがついている状態でも関係なく使っていましたが、それが密着度を落としている原因とは知りませんでした。

明日からは常にキレイな部分でファンデーションを塗るようにします。

ストックをたくさん用意しておき、使ったものは洗ってキレイに使うように保てば、メイク崩れもしにくくなりますね!

少し面倒ですが、人に見られるメイクなので頑張って実践してみようと思います。

皆さんも是非実践してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました