透明ツヤ肌ベースメイクのポイント3つ!真似するだけの美肌メイク術

14030102-01

モデルのように抜けるような透明感ある肌と、ツルツルの額や頬はとても魅力的ですよね。

実は、透明ツヤ肌をメイクで簡単に作ることができます。

しかし、美肌メイクを意識するあまり、逆効果なメイクをしている人も少なくありません。

色ムラをなくす為にファンデを重ねすぎてツヤがなく逆にヒビ割れになっていたり、素肌感を重視した結果、目の下のクマやシミがカバーできていなかったりとマイナスケースがあります。

そこで今回は、誰でも簡単にできる透明ツヤ肌ベースメイクのポイントを3つご紹介します。

【以下引用】

メイクの前の準備は入念に!

メイクの前の保湿が重要です。寒天が水分を含むとどんどん透明感を増すように、肌細胞も水分がたっぷりある状態は透明感が増します。時間に余裕がある場合はシートマスクでたっぷり保湿すると、夕方まで乾燥知らずの潤い肌を保てるのでおすすめです。

また、ツルンとした肌質を演出するためには、毛穴のカバーも重要です。毛穴や凹凸をカバーできるメイク下地を選ぶと、ツルンとした仕上がりになります。メイク下地はムラなく丁寧になじませることで、ファンデ―ションがピタッと密着し、より素肌感が出ます。

透明ツヤ肌ベースメイク3ステップ

(1)ファンデは薄く中央だけ

意識すべきは“ツヤ”と“透明感”です。ファンデーションは重ねれば重ねるほど透明感が失われ、ヨレや小じわが目立ちやすくなります。また、顔の隅々までしっかりと塗り込むと厚塗りで能面のような仕上がりになってしまいます。

リキッドファンデーションを小パール1個分出し、顔の中央部分のみ薄くなじませるだけでOK。それ以外の部分はあえて塗らずにスポンジに残った分をなじませる程度で十分です。素肌感が残り、ナチュラルに見えるのでおすすめです。

14030102-02

(2)“アラ”はコンシーラーでカバーする

色ムラやシミ、クマ、ニキビ跡などはコンシーラーでカバーします。おすすめは数色入っていて混ぜることで色の調整ができるタイプ。シミやニキビ跡は肌色よりもワントーン低め、目の下は肌色と同じトーンでカバーすると自然に仕上がります。

広く伸ばすのでなく、ピンポイントでカバーします。カバーした部分はルースパウダーで軽く押さえると崩れにくくなります。

(3)微パール感のあるルースパウダーをブラシでのせる

実は、仕上げのルースパウダーの使い方が明暗分けると言っても過言ではありません。せっかく素肌感を意識しても、パウダーをパフにたくさんとって肌にのせると一気に粉っぽくなってしまいます。

ルースパウダーを大き目のブラシにとり、手の甲でポンポンと余分な粉を落としてからTゾーン、頬、目の下、あごに軽くなじませるとつけすぎを防止できるのでおすすめです。

以上、透明ツヤ肌ベースメイクのポイントをご紹介しました。素肌がツルンして明るいと表情もイキイキして見えるので、ぜひ試してみてくださいね。
【引用元:Yahoo!BEAUTY

ベースメイクについてネットでは、

『年齢とともに肌づくりを厚くしたい気持ちは抑え、下地とコンシーラーだけでつくる薄づき肌にしたほうがいいですよ!』

『厚塗りは肌を老けてみせる』

下地とファンデは別にした方が乾燥しないみたいよ』

『憧れ肌NO.1の水原希子さんもベースメイクを重要視しているらしい。』

『肌の汚い美人はいない!』

『透明感のあるナチュラル美肌がトレンドらしい。』

このようなコメントがありました。

皆さんベースメイクが重要と分かっているけど、どうすれば良いか分からない方も多いようですね。

そもそもファンデーション(ファンデ)だけベタ塗りというツワモノもいる!

このポイント3つをみて、ベースメイクもファンデーションと一緒で塗り方一つでツヤ肌に変わるんだと分かりました。

歳をとるほど肌質や肌の見え方などに拘らないとキレイでいることは難しいです。

女子の皆さんには是非試して頂きたいベースメイクですね!

美肌を保つ為にも、保湿とベースメイクに重点をおいた、このポイントは重要ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました