韓国コスメで今年話題のCCクリームがすごい!BBクリームとの違いは?

13121001-01

大人気のBBクリームで有名な韓国コスメで今年話題になっている化粧品がCCクリームです。
ただ、BBクリームとの違いがわからないという女子も多いはず、今回はそのBBクリームとCCクリームの違いをわかりやすく解説している記事を紹介します。

【以下引用】

「BBクリーム(Blemish=傷 Balm=香油)」と「CCクリーム」の違いはご存じですか?

CCクリームとは、Color Control Cream(カラー コントロール クリーム)もしくはComplete Corection Cream(コンプリート コレクション クリーム)。BBクリームの進化系とも言われていますが、美容液+日焼け止め+化粧下地+ファンデーション効果が期待できるBBクリームのさらにうえと は、どんな効果が期待できるのでしょうか?
BBクリーム=肌の欠点をカバー

もともとBBクリームは、美容施術後の肌の炎症を抑えながら、肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーするために作られたもの。それは、肌の欠点をしっかりカバーする、いわばリキッド状のコンシーラともいえる存在なのです。また、マットに仕上げるパウダーが入っているため、「塗っている感」が伝わります。そのため、顔全体につけるファンデーションとしては、「しっかり感」が強すぎて、ナチュラル感が残りません。
CCクリーム=肌の欠点をカモフラージュ

一方、CCクリームは、色補正で肌の欠点をカモフラージュ(=周囲の肌となじませる)しながら、全体的にトーンアップします。さらに、肌を潤わせ、滑らかにし、しわを防ぐ効果が期待できます。いわば、潤い効果のある美容液に、色補正効果を加えたような存在なのです。まるですっぴんのような、ナチュラルな肌に仕上げてくれるため、ファンデーション代わりとしても使えます。

ここで注目すべきは、BBクリームは欠点を重点的に「カバー」をするのに対し、CCクリームは欠点を「カモフラージュ」をするにとどまるものの、ファンデーションとして塗りやすいという点でしょう。

このことから、ナチュラルに仕上がる時短メイクアイテムとして有力視されているのです。

フランスでは、エコサート認定のオーガニックCCクリーム「Alorée」(32ユーロ/40ml)が話題になっています。100%自然成分配合で、そのうち30%はオーガニック認定を受けた成分からできています。ただ、「SPF6 PA+」と、紫外線のブロック効果はあまり期待できないかも知れません。
【引用元:MYLOHAS】

この話題にCCクリームについてネットでは、

CCクリーム 凄く良いです。 本当にスッピンみたいで塗っているのが解らない♪』
『私もCCクリームの存在を最近知ったんですよー!ドラッグストアとかデパートでよく見かけるんですよね。BBの進化版みたいな感じでした!』
CCクリーム使ってみたいな♡』
CCクリームいいかもしれない!崩れないっ! BBクリーム苦手だから、りおはCCのほーがいいかも…』
CCクリームきになってた!!』

このようなコメントがありました。

日本でも徐々にCCクリームが話題になってきているようですね!
使ってみたいという声が多いですが、利用されている方はBBクリームより良いという声があるようです。
私も時短メイクできるのであればCCクリームを使ってみたいな!と思います。
でも使うなら、怪しい成分が入っていない100%自然成分配合のものを利用したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました