剛力彩芽のドラマがまたも視聴率不調で演技に悩みと話題に!

14072202-01
出典:blog.so-net.ne.jp

所属事務所のゴリ推しでドラマに出続けている剛力彩芽が『あすなろ三三七拍子』の視聴率不調で、ついに演技に悩み演劇を観て勉強していると噂があり話題になっているようです。

【以下引用】

剛力彩芽がヒロインを務める柳葉敏郎主演の連続ドラマ『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系)の初回が15日放送されたが、平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「やはり、出演しているドラマの数の割に演技力がついてきていないということでしょう。演技力さえつけば、ここまで叩かれることはないと思うのですが」(前同)

それを知ってか、剛力も最近は舞台観劇に足しげく通っているという。
【引用元:日刊サイゾー

このことについてネットでは、

『ちゃんと勉強してるのは偉いじゃないか!! 』

『ここまで演技力が伴わないのは才能が無いのでは??』

『「あすなろ三三七拍子」の視聴率が悪いのは、剛力のせいではないと思う… 』

『この人、事務所のゴリ押しがなかったらここまで嫌われなかったと思う 』

『演技力というか、、役柄にあってない仕事でもなんでも受けるのが問題かと。。 』

『ごり押しだけど、ちゃんと勉強してる分だけいいよ…』

『そういうの聞くと応援したくなる 』

『初めは苦手だったけど、いつも笑顔だし最近は応援してる(*´∀`*)』

『演劇や映画を観るだけで演技が上達するなら苦労しないでしょ!なんか間違っている気がする』

『演技力が高くてゴリ押しなら皆納得していたかもね』

『演技が下手すぎてどの役を見ても「剛力彩芽」にしか見えない。 』

このようなコメントがありました。

相変わらず剛力彩芽については厳しい意見が多いですが、中には「ドラマの視聴率が低いのは剛力だけのせいではない」というように擁護するコメントもありました。

ただ、私も演劇を見たぐらいで演技力がアップするなら、誰でも女優になれると思います。

ドラマの低視聴率は関係ないとしても、演劇を見て勉強するくらいなら演技レッスンを受けるなど役者としての土台をしっかりと作るべきではないでしょうか?

もし日々レッスンをしていて、この演技力だとヒロインや主役をやると叩かれることは必然ですね。

また、出演する作品に役がマッチしていないのは事務所のゴリ押しの影響だと思います!

本当に役者として活躍を願っているなら脇役などで経験を積ませて演技力を高めることが先決ではないでしょうか?

ちなみに、同じ事務所の先輩である米倉涼子や上戸彩は脇役などを経験して演技力を磨いてからの主役出演しているので人気もあり視聴率が取れているのだと思います。

そう考えるといきなり事務所の一押しに上げられる剛力さんは少しかわいそうな気がしますね

一生懸命頑張っている姿に応援したいと思うので、ネットでの叩きに負けずに頑張ってほしいですね!

タイトルとURLをコピーしました